05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトが死ぬこと

ヒトの死について、真希が神さまから学んだお話しです。
一生けんめい書きました。 ※とっても長い記事です。



今回の記事も、ものすごく進んだ概念のお話しなので、
ココロを白い紙に戻して読んでみてください。





ニュースを見ると、いろいろなヒトが死を迎えています。

死ってゆーのは真希も、神さまからホントの事を教えてもらうまでは
とっても悲しくて、切なくて、できるだけあってはならないコト、

不運、不幸、かわいそう、
人によっては恨んだり憎んだりするコトと思ってた。


でもそれはわたしたちが本当の真実とは違った、人間たちの
都合のいいように作られていった概念で考えるからなんだ
ってゆー事を知ったんです。

人間の作った概念で捉えると、どーしても
理不尽なコト、納得いかないコト、問題が問題のまんまで
答えまでは辿り着けない場合があります。

そうゆー概念は数え切れないくらいに、いっぱいある。





本当のコトをお話しする前に、人間が作りあげた
答えに結びつかない概念、考え方を上げてみます。


すごく分かりやすいのは、『 人生は一度限り 』 。


じつはコレよく考えると、全てのヒトとはゆわないけど

人生は一回だけで終わりなんだってゆー事を信じている人は、
そう考えないと都合悪くなっちゃう事がたくさんあるから、

そーゆうコトにしてもらわないと困るんです。


自分のした事の責任も、
『 終わって 』 チャラにできないわけですからね。

『 逃げ得 』 的な考えの人間にとってはちょとコマル。





それと、『 たましいなんか存在しない 』 。

これも、そうゆー考えを持っていなければ
人間の世界で言う 『 悪いコト 』 ができない。


見えないものは、無いとゆーこと。
見えないものは全て、存在しない。

つまり人のココロ、気持ちも存在しない。
存在しないとゆーコトは、どうでもいい。

見えないところでバレなければいい、
とゆー事は隠蔽すればいい。


『 たましい 』 なんてものは無い、とゆーことは
『 命 』 も存在しない。

それならば殺したっていい。
だって 『 たましい 』 が無いって事は 『 物 』 と一緒だから。

とゆーコトは・・・・・ キリがないんです。





そして、何度も記事に書いてますけど
『 たましい = 命 』 って、全部一体。

モノの例えでゆってるんではなく、わたしたちのたましいは
実はおっきなひとつの生命体。


『 命 』 ってみんな、素晴らしいものって考えていますよね。
『 命 』 って、『 神さまの一部 』 なんです。

一部ではあるけれど、神さまで出来てるコトに変わりはないんです。



という事はつまり、神さまの力を備えたおっきな生命体が
『 共同 』 して、みんなの潜在意識が集合意識になって、

『 現実 』 を作り出していってる。





そして、いまだに多くの人が考えてる、
『 ものごとに、いちいち意味なんかは無い 』 。

わたしたちは、実は全て一体でしっかり繋がれていて、
完璧な宇宙の摂理の中に生かされてるわけです。


その中において、なぜ宇宙の摂理に反する事が
だれでも気軽にできることが可能だと思えるのか。

ひとつの生命体である人間の体の仕組みを考えてみてください。
体の内部、外部、細かいところまで観察してみて、
意味の無いコトをしてる細胞とかありますか。

全ての細胞が全体の一部として、キチンと意味を持って
存在してるわけです。

その体に、『 関係ない細胞 』 は存在しないわけですから、
体の仕組み、サイクルに則って活動する事になります。



こーいった事もそうですよね。
ひとつひとつに、意味なんか持たれちゃ困るってヒトもいます。

でも宇宙の摂理に、『 偶然 』 や 『 たまたま 』 は
存在するはずがないんです。





じつはまだまだ、いーっぱい間違ってる概念があるんですけど、
ここで 『 ヒトが死ぬこと 』 を考えてみます。

いままで多くのヒトが考えたコトもなかった、宗教にもない
概念も出てきますけど、読んでみてください。





どんな 『 たましい 』 も、
宇宙の摂理に反して肉体から離れたりはしない。
そんな事は不可能。


たましいは必ず、目的、使命、お役目をもって肉体に宿る。

たましい = 命は、
それらを果たす前に肉体を離れることはない。


それが、あるとき肉体から離れる出来事が現実に起きたという事は、
そのたましいの役目、使命は果たしたとゆーこと。

それは、寿命の長い短いは関係ない。

人の一生の長さって100歳生きたとしても、
宇宙の時計の長さに比べれば一瞬のそのまた10億分の1以下なんだ。





『 助けてあげられなかった 』 場合の死も、
それは偶然、助けられなかったわけじゃない。

たましいの領域では、そのたましいはその瞬間に
肉体を離れる事を望んでいたとゆーこと。



ただ単純じゃないのが、
『 使命 』 を果たしたとゆっても自殺の場合は、

残された別のたましいにおっきな 『 学び 』 や、『 気付き 』、
『 心を動かす 』 、『 修正させる 』、時には

『 感動させる 』 ことがあっても、もう一度おんなじ環境、
境遇に生まれて、やり直しになることはある。


たましいが真に望み、求めていることと、
肉体側の精神が一致しないことはよくあることで、

仮に肉体側の要求にたましいが受け入れても、
たましい自体の本来の、真の望みが失われるわけではないので、

そういった意味でも、それぞれのたましいは
それぞれいろんな宿題を抱えて、また生まれてきます。





それじゃヒトが人を殺す場合。
この場合が人間にとって一番辛い事だと真希も思います。


でも神さまが教えてくれた答えは、とても考えさせられるものです。

それは、
『 神がそれぞれのたましいの表現している過程を、
 それ自身の合意なしに終わらせる事はできない 』 とゆーこと。




あるたましいが、
別のたましいの意思に反して影響を及ぼす事は不可能だ。

あなたがたが、
相手の意思に反する方法で影響を及ぼし合う事が出来ると思うか。

そんな事を考えるのは、お互いが別々だと思っているからだ。

神が好まないやり方で、生命に影響を及ぼせると思うか。

宇宙が同意しないやり方で、宇宙に影響を及ぼせると考えるのは
計り知れない傲慢だ。

被害者はいないし、したがって加害者もいない。
あなたがたの限られた視点からは理解出来ないだろう。

よく聞きなさい。

わたしたちがする事は全て、お互いが共同して行っている。
わたしたちは協力して現実を創造している。






真希も含めて、いままでの人間の考え方では一瞬、
理解できないかな・・・・・ って思うけど、

でも別々な存在として問題を考えるんじゃなくて、
みんな全て一体として、いろんな問題を考えてみると・・・

やっぱりみんなの責任だし、見えてこなかった 『 答え 』 が、
実はチャンと目の前にあったコトに気がつく。


いまの世の中全体の、みんなの意識が殺人や犯罪を生み出すはずがない、
なんて自信持ってゆえるヒトはいないはず。



いままで通り、『 いいや!ヒトは別々な存在なんだ 』 って
思っていたい人もいると思う。

そうすればヒトのせいに出来る、責任を押し付ける事も出来るんで
そのほうが楽チンですからね。



でも、

他人事なんて考えは捨てて、
『 わたしたちの責任だ 』 ってゆー意識を持つことから始めないと

本当に犯罪を無くそうってゆー姿勢にはならないんですね。





真希は、ニュースとかで見る他人の死の事だから
こういった記事が書けるとは考えていません。

真希の家族も、真希の彼氏も、真希自身も必ず死を迎えます。


もしもこれから先、真希の愛するヒトがその時を迎えたら、
これまでの作られたネガティブな概念ではなくて、

やり尽くしたんだ、また更に上を目指して旅立てたんだなって
いくらでもポジティブな考えが浮かびます。


今度はどこで、どういう形で出会うのかなって。
真希が先に逝く場合も、周りにはそうゆーふうに伝えておきます。


ヒトの死は、決して終わりを意味してはいない。

たましいの概念に、人間の概念である
『 始まりと終わり 』 という制限は存在しないんです。


死を悲しんではいけないわけじゃない。
真希もいっぱいいっぱい涙を流すとおもいます。

『 悲しみ 』とゆーのは、『 愛 』 に繋がる大切な感情。

悲しみが感じられなかったら、
たぶん冷血な人間になっちゃうとおもいます。


でもいつまでも悲しみすぎるというのは、
それは 『 自分がかわいそう 』 というコトなんだそうです。

死んでいった人たちも、あくまでもたましいの上では
悲しんでるたましいなんて一人もいないんです。


いつまでも悲しむ事は、亡くなった人たちの足を引っ張る事になってしまうし
安心して旅立てなくなります。


またどこかで再会できるのだから。





良かったら一票おねがい!ポチってヾ(≧∇≦*)〃

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

プロフィール

真希 ( 旧、ぶぅーちゃん )

Author:真希 ( 旧、ぶぅーちゃん )
訪問ありがとうございます。
真希です。
(2010年11月に改名)

子供の頃は自閉症、今は正式に性同一性障害者と診断されました。
まだ戸籍上は男性です。

睾丸摘出済み。
2週に1度、女性ホルモンの
注射を打ち女性化 ( 治療 )
を行ってます。


すんごい子供っぽい性格ですけど、時々神さまが真希の中に降りてきて、とってもいい記事を書かせてもらってます。


是非、クリック募金もよろしくお願いします

2010年12月より、ユニセフに
毎月2000円寄付始めました。


詳しくは 【 前略プロフ 】 にて

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

楽天おすすめ!

ブログランキング

もし良かったら、押しちゃって下さい。  (*´∀`*)ゞ

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとう!ささやきぷりんへようこそ!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

1日ワンクリック!

ホルモン療法

お友達のリンク

楽天ショッピング

家電は楽天で!

お車・バイクも楽天!

お家探しならココ!

楽天カード

RSSフィード

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。