06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現された神

世の中のいろんな問題に、メッセージを送ります。
※題名を変えて、最後に赤字で追記しました。



暴走族屋さんとか、不良ってゆわれるヒトたちとか見て、
どう思いますか。


引きこもりの人たちとか、社会から外れてる人たちを見て、
どう思いますか。





真希は、今の社会の中で、環境の中で、会社の職場で、

今の大人の人たちに囲まれて生きていれば、
そうなっちゃうだろうな、ムリもないなって確信してます。





真希は大人の人たちが恐いです。


それは、大人の人たち、若い人たち、

どっちが良いか悪いかって問題じゃなくて、大人の人たちの
これまでの姿勢や意識の、自然な結果として、

若い人たちの姿勢や意識が目の前に現れているとゆーだけのコトなんだ。





その大人の人たちも、若い時に植え付けられて、
影響を受けてきた結果として、

今の大人の人たちの意識が作りあげられちゃったんだ。





何度もゆーけど、『 良い 』『 悪い 』 『 正邪 』とゆー概念は
元々人間の不安な意識から生み出されたものなので、

みんなが本当の、真の愛情に満たされていれば、本当なら
そんな概念は存在していないんです。





真希は高校に行かなかったコトもあって、
早くから働いてきたけど、どれもそんなに長くは続かなかったんです。

働いてきた職場は、数えきれないです。


最初のコロは外見がまだ女性化治療前で、男性のままだったから
男性として就職したので、いろんなお仕事に就けました。

男性として働くコト自体は死ぬほど苦痛だったけど。





でも不思議な点がひとつありました。

真希がその会社に入ってる時か、辞めてった後に、
なぜかその会社の多くが倒産していきました。


今思うと、
どうも真希が向かう職場の多くは、問題が多いトコだった気がする。

ココロでヒトを雇っていなかった会社は当然のよーに消えていきますね。





真希の彼氏もそれは知ってて、
『 真希はお医者さんなんだよ 』 ってゆわれた事がある。

問題のある会社にいって、真希が何かを残していきます。



ってゆっても実際の姿はカッコイイもんじゃなくて、

何度も泣いちゃったり、職場にひと騒動をおこしちゃったり、
上司のヒトとかにいろいろゆったりもしました。





でも、おかげで、

若い人たちが大人の人たちから、どんな影響を受けているのか
どんな種類の闇があるのかを身をもって知る事ができました。


もしもそれが無くて、

最初に入った職場でナンの問題もなくずーっと長くお勤めしていたら、
真希は若い人たちの気持ちが分かるどころか、無関心だったと思うし、

ブログでもくだらない事しか書いてなかったと思います。





たとえば真希は、ある時期からなぜか正社員として働けなくなりました。


それは今思うと、

派遣社員てゆー立場で働いて、正社員と、
派遣社員の間にある格差とか差別を知る必要があったからだと思っています。


社員さん同士はまったく気が付いてないけれど、派遣の人たちの視点で見ると
自分たちはものすごい部外者感がいっぱいです。

これは学校でゆえば、『 仲間外れ 』 とまったく状況が一緒なんですよね。


お昼休みに休憩所に行っても、自分たちは 『 関係ない人たち 』 に
されちゃうことがよくあって、
元からいる人たちだけが楽しく盛り上がってるってゆー事も
何度もありました。

真希と同じ派遣仲間の人たち、どの人に聞いてみても、
みんながくちを揃えて同じコトを訴えていました。





真希はそこで、『 便所飯 』 をしてしまう若い人たちの気持ちが
とっってもよく理解できたんです。


真希はそこで、あぁ・・なるほど、

あの人たちは気が付いてないんだけど、ああやって知らないうちに
ヒトってゆーのは格差や差別、イジメの元になる意識を次々に生み出して、

連鎖していって、社会が出来上がってるんだなって思った。





でもそこで、若い人たちや差別を受けている人たちにホントに必要なのは
我慢するコトではなくて、感情を正直に表に出すことなんです。

我慢できなければダメってゆわれちゃう世の中ですけど、
でも感情ってゆーのは魂の声そのものです。


その証拠にその人たちは、『 ちょっと今から泣こうかな 』 って考えて
自分の意思で泣こうと思って泣くヒトはいません。

『 今から怒りの感情を出してみようかな 』 って考えて、
本気で怒りをあらわにするヒトはいません。


そこで若い人たちがもしも攻撃的だというのなら、
それは大人社会が攻撃意識の渦を作ってしまっているからです。

犯罪者だと罵るのなら、
それは自分が作りあげた世界に大きな問題があるからです。


実はそこに気が付いていないヒトのココロの中に、
暴走族屋さん、不良少年少女、悪者が確かにいます。





感情は、魂がそうしたいとならない限り現れません。

ちなみに優れた役者さんであれば、役者さんとしての魂と身体が、
うまく調和できているから自分で感情を表現できるんだと思いますね。





最後に、真希がいいたいこと。





すべての人間は、自分が信じている通りに、
感じた通りに、自然な流れの通りに生きていいんです。


真希が感じた通りに書いた、このお話しを読んだからといって、
そのヒトがそれに共感するのも、反発するのも、何とも思わないのも、

バカにするのも、全部そのヒトにとって正しい事です。





例えば、真希と同時にブログで、
真希とはぜんぜん正反対のような意見とかお話しが書いてあったとしても、

両方が、正しい事なんです。


それぞれの意見や、それぞれのお話しが生まれた時点で、それらすべてが、
世界の誰かが必要としているとゆー事です。





どこか矛盾を感じるコトもあるかもしれません。
でも矛盾してるかどうかを考える必要はないんです。

いま自分の目の前に、昨日とは違ったものがある。


今それを見て、
今、選択して、自分の信じた通りに生きてゆけばいいんです。


自分は間違ってないか?と考えるのではありません。

たとえ問題集で間違っていても、
それはそこで間違える必要があったという正解です。





自分には自信がないというヒトへ。





実はあなたが間違った選択をする事は、不可能です。
すべての現象は、表現された神だから。


そして、周りはつねにわたしのために生きてくれている。

プロフィール

真希 ( 旧、ぶぅーちゃん )

Author:真希 ( 旧、ぶぅーちゃん )
訪問ありがとうございます。
真希です。
(2010年11月に改名)

子供の頃は自閉症、今は正式に性同一性障害者と診断されました。
まだ戸籍上は男性です。

睾丸摘出済み。
2週に1度、女性ホルモンの
注射を打ち女性化 ( 治療 )
を行ってます。


すんごい子供っぽい性格ですけど、時々神さまが真希の中に降りてきて、とってもいい記事を書かせてもらってます。


是非、クリック募金もよろしくお願いします

2010年12月より、ユニセフに
毎月2000円寄付始めました。


詳しくは 【 前略プロフ 】 にて

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

楽天おすすめ!

ブログランキング

もし良かったら、押しちゃって下さい。  (*´∀`*)ゞ

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとう!ささやきぷりんへようこそ!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

1日ワンクリック!

ホルモン療法

お友達のリンク

楽天ショッピング

家電は楽天で!

お車・バイクも楽天!

お家探しならココ!

楽天カード

RSSフィード

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。