06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真希が産声を上げた日

人間って、入れ替わるんです。



あちこちのハケンのお仕事の現場に、できるだけ
真希のブログをいろんなヒトに教えてきた。





イッコ前の現場で、朝礼でならんだ時にパートの女のヒトから


『 真希ちゃん、ブログ見たよ。 』
『 読んで泣いちゃった。 すごい苦労したんだね。 』

『 今の真希ちゃんとは思えない。 』

ってゆわれた。





とても嬉しかった。


真希は今でも、

いちばん辛かったあの頃の体験を書いた記事を読み返すと、
涙がいっぱい出てくる。


嬉しいのは、
あの頃の地獄を誰かに共有してもらえること。


誰かに、いろんなヒトに知ってもらえると、
すごく報われるってゆーか、良かったって思えるんだ。





今までも、あのお話しを読んでくれたヒトから
いっぱいメールが来て、


『 勇気がでた。 』

『 感動した。 』

『 それに比べたら私の苦労なんて・・ 』

ってゆってくれたヒトもいる。





すごく辛い目にあわないと、
ヒトに対するホントの優しさは出ないらしい。

だから真希は去年、
『 いちばん優しいヒト 』 ってゆってもらえたのかな・・・





ふしぎなお話しがある。





ヒトって、ずっと、おんなじヒトじゃないらしい。

ヒトはつねに、変化、進化していて、
実は中身が別のヒトに入れ替わっているんだそう。





『 自分 』 ってゆーのは、
人間の肉体のことを指してるんじゃない。

肉体は借り物。


自分ってゆーのは肉体をお借りしてる存在であって、

喜んだり悲しんだり、いろんな経験を積んで学んでるのは
肉体とはべつのところにある。





あの地獄を経験したのは、たしかに真希だけど、
真希がすごく強く感じることは、

あの頃の真希は、まだ 『 真希 』 じゃなくて、
ぜんぜん違うヒトが入ってたってことだ。


考え方も、振る舞いも、顔つき、眼つきも全く別人。





よく、

『 大人っぽくなったね 』 とか、

『 あのヒトすっかり変わっちゃった 』 とか、

『 見違えたね 』 とかってゆーのは、

ホントに、中のヒトが変わってるからなんです。


かりに今現在の真希が、あの辛い体験を超えられるかって考えたら
それは絶対ムリだ。


あの時は、まだ別のヒトが入って
どうしてもその経験をしなければいけない使命があって、

そのヒトの潜在能力も、守護する存在もちゃんと、
克服できるそれに見合った力を備えていたんだ。





でもヒトは単純じゃないから、目には見えない存在だけれど
あの時の真希を守護するかたちで、たしかに 『 女の子 』 がいた。

その子は実は、真希が今回この世に生まれて産声を上げるはずの、
『 新しい人生 』 だった。


ヒトって実は、生まれ変わってもまだ前世が、課題と一緒に
そのまま継続してるヒトがいて、肉体の中にいるホントの自分が、

生まれ変わってるコトに気が付いてない人がいるらしい。





以前の真希も、そうだった。
まだ、真希は生まれていなかった。


本当は、『 女の子の真希 』 として
この世に生を受けるコトができたんだけど、そのまえに前世の課題を
そっくりそのまま引きずってきてしまってたから、

真希とゆ女の子として生まれて、生きるためには、
そのまえにまず前世のやり残しを清算してからねってことだ。





真希は地獄を克服して、その克服したトキのお仕事に就いていたその場所に
現在の彼氏に出会った。

本当に、その彼氏の存在があったお陰で、
いまここに真希が真希として生きていられているって確信してる。


だから逆にゆーと、真希として生まれるためには、
地獄に飛び込まなければいけなかったんだ。





真希には、
感動が忘れられないとっても不思議な奇跡がある。


裁判所からの改名許可の封書が届いた日が、
真希のお誕生日だったこと。

日にちを調整したわけでも、
狙ってたわけでも、意識してたわけでもない。





今できることを、流れに逆らわずにひとつひとつ、
がんばってきたからこそ起きた、凄いシンクロニシティだった。

真希はその日に、初めてこの世に産声を上げたって
ホントに、ホントに感じてる。


今、年齢でゆえば3歳。
( 年齢はキライだけどあえてゆーなら )

みんな信じてくれるかわかんないけど、
今ホントに真希は、大人ではなくて3歳くらいの自覚をもってる。


だから真希が喜んだり嬉しい時って全部、
3歳くらいの女の子がしてもらったら嬉しい事なんだ。





真希はヘンな話かもしれないけど、周りの人たちが

ちっちゃい子に話しかけるよーに接して話しかけてくれると
とっっても、ココロの底から嬉しいんだ。

だってホントにいるんだもの。


みんな、『 真希ちゃん 』 って呼んでくれるけど、
いちばん真希のココロに響いて、違和感がない。


大人になると
『 ちゃん 』 から 『 さん 』 変わると思うけど、

真希は今、生まれて初めて3歳の女の子を生きているから、
やっぱり 『 真希ちゃん 』 がすごいうれしいな。

これから、順番に、子供時代としていろんなコトを楽しんでいこう。





でも人間って、ふしぎな生き物だ。

プロフィール

真希 ( 旧、ぶぅーちゃん )

Author:真希 ( 旧、ぶぅーちゃん )
訪問ありがとうございます。
真希です。
(2010年11月に改名)

子供の頃は自閉症、今は正式に性同一性障害者と診断されました。
まだ戸籍上は男性です。

睾丸摘出済み。
2週に1度、女性ホルモンの
注射を打ち女性化 ( 治療 )
を行ってます。


すんごい子供っぽい性格ですけど、時々神さまが真希の中に降りてきて、とってもいい記事を書かせてもらってます。


是非、クリック募金もよろしくお願いします

2010年12月より、ユニセフに
毎月2000円寄付始めました。


詳しくは 【 前略プロフ 】 にて

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

楽天おすすめ!

ブログランキング

もし良かったら、押しちゃって下さい。  (*´∀`*)ゞ

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとう!ささやきぷりんへようこそ!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

1日ワンクリック!

ホルモン療法

お友達のリンク

楽天ショッピング

家電は楽天で!

お車・バイクも楽天!

お家探しならココ!

楽天カード

RSSフィード

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。